断熱・遮熱塗装 | 塗替えや外壁塗装や断熱塗装のことなら東京の田中美装にお気軽にご相談下さい。

TOP >> 断熱・遮熱塗装

断熱・遮熱塗装

住宅の屋根・外壁、内装に断熱や遮熱塗料を塗ると、太陽光線や熱、音や汚れなどを跳ね返し、断熱や遮熱などの効果を発揮します。
加えて、太陽光線や照明の光を受けたセラミックがイオン化作用をもたらし、室内の空気質を改善。
マイナスイオンとプラスイオンのバランスのとれた心地良い状態になります。

遮熱塗装 ・ 断熱塗装の 仕組み

遮熱塗装とは太陽光・紫外線を塗装が反射して熱を吸収しないようにする。

断熱塗装とは塗装により屋根・外壁が熱を持たない様にする。(熱を蓄えない)

遮熱塗装はどうやって太陽光 紫外線 赤外線を反射しているの?

遮熱塗装 熱を反射

遮熱塗装は右の写真の様にな仕組みで太陽光・紫外線を反射してます。
太陽光・赤外線を反射して熱を抑えてます。


遮熱塗装 耐久性

遮熱塗装の耐久性グラフになります。
どれくらい長持ちするか?というのを検査して、
公表されております。
青い線が遮熱塗料です。
水色がシリコン塗料です。
紫外線・太陽光・熱(温度変含む)による劣化する割合が減って、耐久年数が伸びているのがわかります。
これが遮熱塗装をお勧めしたい理由の一つです。


断熱塗装って本当に熱を断熱しているの ?

断熱塗装は 本当にすごい塗装んなんです。
ペアガラス ・ 2重サッシの様に、空気層を塗料の中に作って熱が伝わりづらくしているんです。

夏の暑さをすっきり涼しく!

夏期、室内はなぜ暑くなるのか?

夏の暑い時期、強い日射の影響を受けると、建物に熱が伝わり、その熱が室内へ侵入してきます。
建物の熱は夜になっても冷めるのに時間がかかり、いつまでも暑い室内になっています。
夏期、室内へ侵入する熱を抑える為には、その原因となる日射の影響を抑えることが重要となります。


冬の寒さを解消して暖房効率向上!

暖房が効きにくい理由

冬の寒い時期、外気などの影響で、建物の壁や天井は冷たくなっています。
このとき、どんなに室内で暖房をかけても、暖かい熱が壁や天井に吸収されてしまい、なかなか室内は暖かくなりません。


断熱塗装で部屋全体がすぐに温まる

断熱塗装を塗ると、暖房の熱が室内に広がるのと同時に、塗装された面が瞬時に暖まるので、効率良く暖かい室内環境を整えることが出来ます。
室内の空気温度と、壁や天井の温度との均衡を取る事で、熱の移動を抑え、暖房効率を上昇させることが出来ます。